独身アラサー★意識高め女子のブログ

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

もやっと

自分がずっともやもやしているのは、
「ゲームは好き」だけど、「ゲームでこれ以上活躍できる自分をイメージできない」ということ。
 
ゲームは大好きだし、ずっとやっていきたい(ただし、一生ではない)けど、
やっぱりゲームは男社会だということを何度も痛感している。
 
ゲームの現場でずっと働く事自体は可能だとも思う。
今までの経歴からして、ゲームの経験はかなり積んできているし、
別の会社でゲームを作る事もきっとできると思う。
 
でも男性向けゲームで自分が例えばすごく偉くなってプロデューサーになれるイメージが全く湧いてこない・・・。
 
じゃあ女性向けゲームをやってみればいいのではと何回も思ってきたし、周りからもそう言われる事は多い。
 
ただ、どうして踏み切れないのかを考えてみたら、
やっぱりどうしても女性向けゲームは男性向けと比べてニッチだ。
 
ツムツムのようなライトなものであればまだわからなくもないけど、
やっぱり少ないし・・・。
 
自分が得意なのは恋愛ゲームとかになってくるのかなと思うけど、
それはそれで市場が一気に小さくなり、ダイナミズムを感じる事は今より少なくなると思う。
 
どちらを取るか、トレードオフだし、結局ダイナミズムを感じられる男性向けゲームに身を置いてしまっている。
 
そして女性向けゲームを作ったところで大きな学びはなさそうな気がしてるんだよなぁ・・・。
 
今よりもっと忙しくなってもいいから、
やっぱり立ち上げの経験を積んでみたい。
そしてエンタメの業界がやっぱりいいけど、一度エンタメ抜きで考えてみるか・・・。
 
うーぬ・・・。