読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身アラサー★意識高め女子のブログ

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

問題解決のフレームワーク

仕事

こんにちはアップ

 
お昼に会社の同僚さん達と焼肉食べて俄然やる気の私ですw
 
今日は、日々仕事をしていて「使えるな~!」と思っているフレームワークのことを書こうと思います!!
 
 
仕事中に何か問題が起こるのは日常茶飯事です。
問題の深刻度は大小様々だと思いますが、その時にこのフレームワークを使って考えると大体切り抜けられます。
 
(何か自分から提案する時にも有効です、多分)
 
②使い方
 
身近な例に置き換えるとこんな感じで使います。
 
◆【空】
空を見るとどんよりしている。(=事実の把握)
 
◆【雨】
雨が降るかもしれない(=事実を受けての解釈)
 
◆【傘】
傘を持って行こう(=対策)
 
こんな感じで、ある物事に対して自分なりの解釈をし、どういう行動を取るか、を考えることが出来ます。
 
こういう風に考えた上で発言すると、言っている内容に深みが増します。
 
「空を見たところ、どんよりしてました。恐らく、雨が降ると思われます。よって、傘を持って行くのがベストかと思います」
 
という感じですね。
 
③ダメなパターン
 
上記のように考えずに発言したり提案すると、下記のような事態になっちゃいます。
 
◆【空】だけパターン
 
「部長!!空がどんよりしてます!!」
 
→部長「えっ!?だから何!?w」
 
このパターンは、報告に留まってしまっているので、相手は自分に何をして欲しいのか分かりません。
優しい人は、「この人はきっとこうして欲しいのかな?」と汲んでくれる場合もありますが、そういう人ばかりではないですからね…。
 
◆【雨】だけパターン
 
「部長!!雨が降るかもしれないです!!」
 
→部長「えっ!?何でそう思ったの!?で、俺に何かして欲しいの!?汗」
 
このパターンは、どうして雨が降ると思ったのか、仮に降ったとしても何をしたいのかが見えません。
優しい人は、(ry
 
◆【傘】だけパターン
 
「部長!!傘持って行きましょ!!」
 
→部長「いきなりどうした!?w」
 
所謂、思いつきでモノを言ったように聞こえます。
傘を持っていくことが何故良いのかが伝わっていない為、仮に本当に良いアイデアだったとしても受け入れてもらえない可能性が高いです。
 
④まとめ
 
【空・雨・傘】の三点セットで物事を伝えると、提案が通りやすくなります。
仮に却下されたとしても、「きちんと物事を伝達・提案出来る」という印象付けも可能になりますニコニコ
 
また、伝達がスムーズになる為に、効率化にも好影響を与えるという利点もあるなって私は感じてますアップ
 
だから、いろんな場面でこのフレームワークを使うのはかなりオススメです合格
 
 


↓クリックお願いしますドキドキ

キャリアウーマン ブログランキングへ