読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身アラサー★意識高め女子のブログ

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

今までとは違う柔軟な生き方

やっぱり男性向けRPGは今関わっているタイトルで卒業したい!!

なんか色々吹っ切れつつある。

ある意味全てのことが馬鹿馬鹿しく思えてきた。

 

それなら、直感で決めてしまうというか、今までとは違う柔軟な生き方に挑戦してみるのもありかな。

悲しくて、幸せな日

週末に起こった彼との事件。

あれからたった数日しか経っていないのになんだかすごい長い時間が過ぎたような気がする。

それくらい密度の濃い時間を過ごしている。

とにかく悲しくてなんでこんなことになってしまったんだろうと自分を責めたりした。

もう結婚できないんじゃないかという絶望感。

 

だけど同時に幸せな時間でもあった。

悲しすぎて気持ちが爆発してしまい、色んな人に気持ちをぶつけてしまった。

不安とかの悔しさとか悲しさとか…。

それらをみんなは受け止めてくれた。

本当に多くの人たちが受け止めてくれた。

友人、同僚…。

心配をかけてしまって申し訳ないけどみんな真剣に聞いてくれた。

私すごい恵まれてるんだなと思った。

私のことを心配して優しい言葉をかけてくれる人たちがこんなにいたんだと…。

 

離れていった大好きな人が1人いる。

 

私のことを心配してくれて、そばにいてくれる人たちが大勢いる。

 

失ったものの代わりに身近な大事なものに気づいた。

 

悲しくて、幸せな日。

変な日本語だけどこの言葉以外にぴったりなものはない。

グロービスマネジメントスクールのファシリテーション&ネゴシエーション体験記

クリティカルシンキングとの違い

まずグロービスではファシリテーション&ネゴシエーションクリティカルシンキングのさらに上位版として位置づけられています。

それもそのはず、クリティカルシンキングの考え方を応用したものがファシリテーション&ネゴシエーションだからです。

頭ではわかっていましたが実際にDay6まで受けてみてまさしくその通りだなと感じました。

学んだこと

ファシリテーション

クリティカルシンキングではイシューを立ててそこから論点、仮説、結論ともって行きますが基本的にはこの考え方を応用します。

クリティカルシンキングで言うところのイシューはネゴシエーションでは会議の到達点になります。

会議の到達点とは「この会議を終えたらどういう状態になっていたいか」ということです。

到達点を決めて、その到達点に到達するために必要な論点やキーマンを見定める…その一連の作業が「会議の設計」ということになります。

そしてこの論点ですが到達点に到達するために考えられうる論点は全て出す必要があります。

考えられうる論点というのは参加者の立場に立った論点も含まれます。

例えば参加者の立場に立って考えると「なんで私はこの会議に呼ばれたのですか」と言うものも論点として考えられたりします。

それら想定できる論点を全て洗い出しその各論点に対しての対処法を決めておきます。

クリティカルシンキングでは初期仮説を出した後に優先順位付けをすることが大事だと習いました。

ファシリテーションも同様に、すべての論点がその会議の到達点に到達するために絶対必要なものではなかったり、話す価値が低かったり、今話すよりも後回しにしたほうがよかったりなどします。

そのため事前に想定されうる論点に対して「この論点が出てきたら後回しにしよう」ですとか「軌道修正をしよう」などを事前に決めておきます。

ここまでの準備をしておくことによって実際の会議中に余裕を持つことができます。

 

私はファシリテーションを習って1番良かったなと思ったこととしては、

様々な論点や切り口を事前に想定しておき、それらを会議の参加者の方たちに問いかけていくことで、多種多様な意見を引き出すスキル、それがファシリテーションの醍醐味だと分かったことでした。

つまりファシリテーションというのは、単に会議をうまく進行するスキルではなく、様々な意見を引き出すことでより良い価値を生み出す「引き出し型のリーダーシップ」なのです。

リーダーシップに関しては私は長年課題感を持っており、ファシリテーションは正直リーダーシップにつながるとは思っていなかったのですが受けて良かったなと思いました。

ただ理論は分かっても実践経験がまだ足りていないと思うので実践はこれからも続けていきます。

ネゴシエーション

ネゴシエーションに関しては、普段あまりネゴシエーションする機会にあまり恵まれないためにどちらかと言うとおまけ感覚で受けました。

なぜファシリテーションネゴシエーションがセットになっているのか当初はわからなかったのですが最終的には非常に有意義な知識となりました。

ネゴシエーションは少し難しくて、BATNAですとかZOPAといった専門用語が出てきます。

BATNAやZOPAの内容についてはここでは割愛しますが、こちらも結局は相手の意見を引き出しながら、1番いい落としどころを見つけてwin-winの関係を築くというところに痺れましたw

 

ファシリテーションネゴシエーションも要は「自分1人では到達できないより良い結論や方向を決めるためのスキル」と理解しました!

これから

先日、会社から人事査定の評価コメントが届きました。

内容は「自分自身に閉じている傾向があるのでもっとみんなを引っ張っていくと言う姿勢を見せて欲しい」と言うものでした。

まさしくファシリテーションネゴシエーションで学んだことを実践して克服していくタイミングかなと思います。

これからも記録を残していき、振り返りながらファシリテーションネゴシエーションのスキルを高めていきたいと思います。

格安SIMが結局高くついている件について

通信費の節約のために格安SIMに今年の1月からしていますがそこからいろいろ試行錯誤した結果結局高くついています。

 

というか格安SIMだけと言うよりかは、自宅のネット環境の整備+格安SIMへの移行を今年の1月から実施したのですが、移行前と比較して約1.5倍ほどお金がかかっちゃってます。

 

てか格安SIMは通話代が別料金って考えるとそんなにお得とも思えないような…。

 

私の中で少しずつ出ている結論としては、格安SIMはネットをあまり使わない人がお得になるものではないかなと。

 

ネットをガンガン使う人にとってはお得なのかちょっとはてな?です。

今後のこと

今後ずっと自分はゲームの仕事をしていくのかなあと思った時にちょっと長過ぎる気がしてきました。

もちろんゲームは好きですしこれからもやっていきたいのですが、死ぬまでゲームクリエイターかと言われるとちょっと違う。

やっぱり志倉千代丸さんのようにいろいろやりたい。

パートナーエージェント体験記

婚活中に使っていたサービスはいろいろあるのですが、その中の1つのパートナーエージェントの体験記を書きます。

※ちなみにパートナーエージェントは3ヶ月でやめてしまったのでご承知おきください

よかった点

コンシェルジュの存在

パートナーエージェントの売りの1つでもあるのですがコンシェルジュさんがつきます。

どういう人が好きかなどのヒアリングを面談で行ってくれて、その人に合いそうな男性を紹介してくれます。

また紹介のペース等も逐一相談してくれるので一緒にやっていく人として共に頑張っていきます。

この方の存在は孤独な婚活ではメンタルの支えとして非常に役に立ちました。

悪かった点

大人しめの男性が多い

これは私ならではの悩みだったと思うのですが、おとなしい男性がかなり多い!

おとなしい男性よりも活動的だったり野心のある男性が好きな人にとっては、そもそもパートナーエージェントにはお目当ての人がいない…という状況になってしまいます。

いくらコンシェルジュの人が頑張っていてもそもそもお目当ての人がいないのであれば付き合いたい人には巡り会えませんよね。

高い

当時の私はアンダー28ということで初期費用が安く済んだのですが、それでも100,000円は初期費用としてかかります。

そこから毎月さらに10,000円ずつぐらいはかかります。

退会費用の存在

結局途中でパートナーエージェントには自分の好みの人がいなさそうだと言う結論にいたり、「それならばもうやめてしまおう」と思ったのですが、なんと退会費用がかかるということがわかりました。

利用規約にはちゃんと書いてあったのですが最初の契約時にはあまりそこには触れませんからね…

うろ覚えですが1年とか年単位でちゃんと使っていれば、退会費用が0円で済むのですが、1年未満などの短い期間でやめてしまうと、退会費用がかかります。

ちなみに私は退会費用をちゃんと払いましたよ…。

まとめ

結局どんなに良いサービスであったとしても自分の好みの男性、自分に合う男性がいるかいないかで婚活の成否が決まってしまいます。

だから1つのサービスに固執せずにいろんなサービスに手当たり次第に手を出すのをお勧めします笑

グロービス生へオススメなお店

f:id:nagiunagi:20170415155455j:image

グロービス東京校のすぐそばにある上宴という中華料理屋さん٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

大衆的なお店で、大人数で楽しめます(・∀・)

 

Day4のレポート終わりに行くのがオススメ!

 

開放的な気分で楽しくお喋りできる雰囲気のお店です!

 

皆さんも是非!