読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身アラサー★意識高め女子のブログ

このブログは、将来独立を目指す某クリエイターの日々の記録です。 ベンチャーで働く同世代の方や独立を目指す女性に読んで頂けたらと思います。 仕事や日々の生活を通じて、得た経験や知見を共有していきます。

好きなことを仕事にすると良いと言うけれど

メンタル 幸せ 悩み

今日は結構落ち込むことがありました。

あまりうまくいかなくて…

 

なんかこれ以上やってもダメなのかなぁとか、無駄なのかなぁとか…すごい思います。

 

自分ではやってるつもりなんだけどなぁ…って。

 

好きなことを仕事にする人生はめちゃめちゃキラキラしてて毎日が幸せなんだろうなって思ってたんですが落とし穴がありました。

なんていうんだろうなぁ好きだからこそ辛くなる。

 

好きで自分の時間のほぼ全部を割き、夢中で取り組んでいるのに結果が出せなかったときの失望感は…言葉では言い表せられない(´;ω;`)

 

かといって他にこれ以上情熱をかけられるものもない。

 

うーん。

少し休むのも良いのかもしれないなー。

 

そういえばこういう状態に陥った時にいつも読む記事があります。

 

シリーズ ~決断のとき~ 第三回 梅沢由香里氏 | Jukushin.com

 

ヒカルの碁梅沢由香里さん!w

(ヒカルの碁むっちゃ好きw)

 

この記事めちゃめちゃ共感するんですよね。

この記事自体を見つけたのはもう何年も前なんですが苦しい時によく読み返してます。

 

私は梅沢さんの足元にも及ばない人間ですが、でも

 

・プロ試験に何度挑戦しても受からなくてやる気がどんどん失われていく気持ちとか

・辞めてやるって思ってしまう気持ちとか

・でも結局「やっぱり好きだ」と思って戻ってきてしまう気持ちとか

 

その辺の気持ちが本当に、痛いほどよくわかります。

私も全く一緒だからです。

 

お前何言ってんだって思われると思うし、現に今までもそんな風に言われたことは何度もあります。

「どうせ無理だよ」って言われて今まで何度見返してきたことかw

 

まぁそしてまた今、かなり挫けそうな局面にいます。

 

 この2年位でも多分5、6回は「やめてやる」と思いましたね笑

 

やめてやるって思う時は大体、

・もう一回頑張るためのエネルギーにする

・ちょっと休んだ方がいい

上記のどっちかです、私の場合。

で、多分今回は後者です。

 

と言うわけで、小休止します。

休んだ後はまたどうせ「やってみよう!」とエネルギーが湧いてくる、といういつものパターンになりそうですしw

 

旅行行きたいなー+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

さすがに楽天モバイルのテザリングだけで生きていくのは無理があった

楽天モバイル WiFi テザリング ギガモンスター ソフトバンク WiMAX

元々家にWiFiを引いておらず、ソフバン時代はテザリングで賄っていました。

(ソフバンのギガモンスター20ギガで月9000円)

これでも携帯と家のネット代と考えたら安いかなーと思っていたんですが、試しに格安SIM(楽天モバイルの20ギガ)にしてみることに。

 

結果は爆死w

 

動画は固まって動かない、メール1つ送るのも読み込み激遅。

(別情報だと、楽天モバイルは都内は繋がりにくいけど地方は繋がりやすいらしい…本当か?)

 

というわけで、仕方なしにWiMAX契約。

 

まぁ、快適になりました。

 

WiMAX(ギガ放題2000円)+楽天モバイル(20ギガ5000円)=7000円

 

楽天モバイルは基本使えないので、来月は10ギガまで落としてみようと思います。

デジモンアドベンチャーtri.第4章

作品 クリエイター デジモン デジモンアドベンチャーtri.

f:id:nagiunagi:20170318234155j:image

書くのが遅くなりましたが、デジモンアドベンチャーtri.第4章を見てきました!

 

良かったこと

進化のシーンはいつ見ても泣ける

進化のシーンだいぶ時間を割いているのがすごくよかったです。

やっぱり1番の見せ所ですよね!

歌との効果も相まって毎回泣きそうになりますw

エンディングがよかった

エンディングの曲がkeep onでした!それだけでテンションmax 笑

悪かったこと

空とピヨモンのところはちょっと強引?

今回の第4章は空とピヨモンの関係性にフォーカスされていましたが、絆が回復するまでがちょっと唐突というか…かなり強引に感じてしまったのでそこだけ少し気がかりですね。

賢ちゃんがいつまでたっても出てこない

これが私が1番フラストレーションが溜まっている項目ですw

賢ちゃん出す出す詐欺になっているw

02のキャラクターはもう出てこないのかなあ^^;

まとめ

いちファンとして

劇場に足を運んでいる皆さん全員そうだと思うんですが、

やっぱり子供の頃に愛した作品って大人になっても大好きですよね。

多分劇場にいる人たちみんなそういう思いを持ちながら映画を見てるんだろうな。

長い間1つの作品がずっと愛されるってとっても凄いことだと思います。

だから上でいろいろ書きましたが要は大好きってことですw

クリエイターとして

私は紆余曲折あって今クリエイターとして働いていますが、デジモンみたいに大人になっても愛される作品を私も作りたい。

この作品を見ると毎回そう思うんですよね。

子供の頃に見た作品って多かれ少なかれその人の人生に影響与えると思います。

ある意味、私がこの映画を見る理由は、

「こういう作品を私も作るんだ!」というのを毎回ちゃんと自分に刻み込むために見ている側面もあるかもしれませんね。

 

 

もうすぐ父の3回忌

家族

そういえば、もうすぐ父の3回忌だと気付きました。

 

ふと思い立って父の名前をGoogle検索してみましたw

 

うーん、引っかからないw

 

まあ、病気になる前(元気だった頃)はまだそこまでネット検索が今ほど発達してなかったですし、情報がなくてもしょうがないかなと思いますw

病気になった後くらいからネット検索がどんどん発達していったので…。

 

でも父の名前とよさげなキーワードをいつか組み合わせて何回か検索してみたら…ちょっと発見しました!!

 

どうやら父の取引先の方のブログのようでした。

 

その方のブログの中に父の名前がちらほら出てきてます。

 

読み進めてみると、当時父が家で話していた内容と同じキーワードがいくつか散見されたので何だか懐かしい気持ちになりました。

 

でも見つけられたのは数えるほど。

 

それ以外はもう検索ができませんでした。

 

家族だったら死んでも覚えてるけど、見知らぬ誰かからしたら父の存在なんてなかったも同然だなというふうに思ってしまったり…。

 

私は、父の分まで、世の中に何か残してから死にたい。

 

(何かしんみりしてきたな笑)

 

ロジカル思考について

ロジカル思考 ロジカルシンキング

最近自分でも不思議なんですがロジカルシンキングができるという風に言われるようになってきました。

これは自分の中でも凄い変化です。

だって、もともとは「ロジカル的な思考が苦手」だとか「できてない」と怒られることが多かったので。。

そう考えるとロジカルシンキングというのは後天的に身に付くものなんだな、と実感してます。

何をやったかと言うと、シンプルですが、ロジカルシンキング系の本を読んで実践してみたりとか、ロジカルシンキング関係のビジネスセミナーに行ったりとかしたことがうまく功を奏したのかなーと。

大学4年の就活の時にロジカルシンキングの大切さを急に説かれたんですが、訓練してないのにいきなりそんなこと言われてもできないに決まってたので最初は苦労してました。

しかし訓練を積むことによってちゃんとできるようになるということが自分の経験からわかったので、これはかなり重要な示唆だなと思います。

今苦手な事でもきちんと体系的に学んだり、実践を積むことで、ちゃんと数年後にはできるようになる!ということが改めてわかりました。

そして今できてないことで今後できるようになりたいことは、業務改善やマネジメント、マーケティング、戦略的な考え方。

今からきちんと準備して数年後に備えたいなと思いました!

VR行ってきた!

アドアーズ渋谷店にて、VR体験してきました!!

f:id:nagiunagi:20170225151802j:image

※写真は入場者に配られた特典で、VRとは関係ないです(え

感想

  • おばけ

怖いの苦手なのにしょっぱなにやりましたw

内容はまあ普通…。

よく遊園地にあるようなサウンドホラーのVR版。

目に装着する機械(正式名称わからん)が重すぎてずり落ちてきてしまい、そっちが気になってあまり内容に集中できなかった…。

ただ座ってるだけだったからかもしれませんが、あまり臨場感は得られなかった。

  • 魔法の絨毯

これは結構面白かった!

目に機械装着する上に、魔法の杖を持たされ、さらに絨毯の上に乗る(この絨毯は揺れます)し、風も吹いてくるので没入感はピカイチでした!

一番VRに求めるものが体験できたかな。

  • 高所恐怖症

こちらはまあまあかなぁ。

機械を装着した後にエレベーターで移動している感じを演出する機械の上に乗って、高層ビルの上で戦ってる感出してました。

何だろう、いまひとつ惜しい感じがした。

思ったこと

  • どれだけ五感に訴えかけたかで面白さが変わるのでは

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚という五感があるが、これらを如何に満たすかで結構VRの面白さが変わりそうだなと思った。

  • その理論で分析してみると

一番面白いと思った魔法の絨毯ですが、これは結構より多くの五感に訴えかけられていたなーと。

視覚(=完全に視界はVRの世界へ)、聴覚(=ヘッドフォン)、触覚(=魔法の杖を握っていること、絨毯が揺れること、風が吹いていて飛んでる感じ)…と多くの感覚に訴えかけていた。

逆におばけと高所恐怖症は触覚の部分が魔法の絨毯よりも弱かった。

おばけは座っていただけだったし、高所恐怖症はエレベーターに乗ってる感じや銃を握るということはあったが、風は吹いていなかった。(多分高所はもっと風吹いてるはずなんですよね)

 

というわけで、五感により訴えかけてきた魔法の絨毯の没入感がピカイチだったのかなーと。

今後の課題(←偉そうですが)

  • お金かかりそう

視界を完全に奪われてしまうので、常に係りの人がついてないといけないという面で人件費がまだ結構かかりそうだなーと思った。

  • 五感により訴えかけられないと現実に引き戻される

ただ装着しているだけだと一瞬「今VR中だな」って冷静になってしまう瞬間があるw

まとめ

今後、より嗅覚や味覚にも訴えかけつつ、触覚(皮膚感覚)にも優れたVRが来たら面白そう!

まだまだ荒削りなところはあるけど、エンタメの未来が少し見えました!

 

色んな式に出席にして思ったこと。

結婚ラッシュ 家族挙式 挙式

友人の結婚ラッシュの波に相変わらず飲まれている私です。

家族挙式とか首都圏以外の場所(軽井沢とかハワイとか)でこぢんまり挙式するのいいなぁ〜って思ってきました。

もちろん、大人数でワイワイするのも凄く良いなと思うんですがね。

で、理由。

呼ぼうと思えばたくさん人数呼べるであろう友人が軽井沢でこぢんまり挙式したのが印象的だった

友人も多く、人望も厚い友人が軽井沢で挙式したんですよね。

で、てっきり人いっぱいいるのかと思ったら凄く少人数でした。

むしろ何で私だけ呼ばれたんだろう?と疑問になる感じでした。

その時に「あなたには来て欲しかったんだ」と言われたんです。

その時に、なんていうか「私だけ!?」という優越感というか特別感みたいなものを感じてしまいましたw

また、式の最中もとてもアットホームで、ご家族の方と、ただのいち友人である私がたくさんコミュニケーションを取る機会があり、距離が凄く近かったんですよね。

その時になんか凄く良いなって!

こぢんまりした挙式なら変な気遣いとかなくなる(多分)

この歳になると、「あの子は呼んだのに来てくれなかった」とか「私は出席したのにあっちは出席してくれなかった」とかなーんかそういう話が話題に上ったりするんですよね。

おめでたいものであるはずの結婚式がきっかけでそういう話題が生まれるのってなんだかなーって…。

でも、家族だけで挙式します!とかこぢんまり!とかだと変な気を遣うこともなくなりそうな気がしていて、良いなーと。

だって、結婚式がきっかけで友情にヒビ入るとか勿体無くないですか??(と私は思う)

極力考えたくないけど離婚した時…

過去に「出席したのに数年後その人達が離婚した」という経験を何度かしてまして(´・ω・`) 汗

別に誰も悪くないけど何となく気まずくなるんですよね…。

リスクヘッジを考えるようなことでもないかもしれないけど、こぢんまりした式だったらそういうのもなくなりそうw

ということで

家族挙式またはこぢんまりした式に興味出てきた私なのでした〜。